シフトリンケージ、スターターなどつなぎ忘れは無いかチェック!。 インジェクターのカプラーに付いているCリング?みたいなのが、インジェクターを付けたままじゃ付けられない!ので、デリバリーパイプごと外して付けました。
下に潜りドライブシャフトを取り付けようとしたら、「あら?」ブラケットが合わない...。エンジンブロックの形状が違う為付きませんでした。すぐさまうっちーと解体屋にダッシュ!!(前に行ったときエボが有ったので)。しかし、先日出荷して在庫無し...。とりあえず注文してきました。 輝くアールズフィッテング!。90度の曲がりは(青い部分)一個定価7800円(高過ぎ)。
オイルクーラーをありあわせのステーで固定。裏の鉄板に穴を開けて風が抜けるようにしました。
まずはオイルを循環させる為、しばらくクランキングをします(プラグコードは抜いて)。しかしそのままではバッテリーが上がってしまうので、オヤジの車を前においてバッテリーをつなぎました(オヤジの車はエンジンをかけたまま)。セルがいきよい良く回ります。油圧がかかってきたので、プラグコードをつなぎます。 キュルキュルキュル...かかりません。なぜ?室内のターボタイマーのアース線をつなぎ忘れてました。再度キーをひねると...キュルキュル...ボゥン!!ついにかかりました!!アイドリング安定、オイル、水漏れ無し!。もう嬉しくて泣きそうでした。
あとはドライブシャフトが届けば走れそうです。
アー早く走りたい!!!。